土曜日のアサカシ は

『セイイチロウニシゾノ』さんの

スペシャリテと新作で☺️🍰✨



人の記憶に刻まれる「香り」を

テーマにするパティスリー。



そのスペシャリテは

バラの香りが特徴の

★「ドラマティック」 540yen



真っ白なホワイトチョコのムースの中には

フランボワーズのジュレ💖

見た目も白とピンクで美しい〜🌹✨



口に含んだ瞬間広がるバラの香り!🥰

クリームのように滑らかな食感の

ムースからはバニラのような甘い香りもして、

そしてフランボワーズの華やかな酸味

最後に土台のスポンジはスペキュロスを

思わせるような甘いスパイシーな香り✨

(おそらくコレがマロンなんだと思う)



まるでトップノートから変化していく

香水のよう😚👗



お店のテーマを体現した一品でした😆💖

このケーキ、シェフが学生時代に構想した

ものだそうで😳

今に続くメインテーマを

学生時代に見つけていたって凄いですね😮💨



☆新作の「アフロディジアック」 648yen



トンカ風味のチョコレートムースの中に

バナナを混ぜ込んだキャラメルのブリュレ

土台はヘーゼルナッツのビスキュイ🍫🍌🥜



トンカビーンって、最近

好きな香りだな〜と思ってたので

お菓子になって嬉しい🤗



まったりとしたバナナの質感の中に

ふわっと洋酒が香る😚🥃



チョコバナナと言うと子供味な印象なのに、

「媚薬」と言う名前にぴったりな

大人な雰囲気が漂ってました🕺✨



どちらもスタイリッシュな見た目なので

もっとアッサリしたムースなのかと思ったら

意外とまったりとして滑らか😋

香りの持続時間が長くて、

余韻を残す味になっていました😌

ケーキの名前もオシャレ〜☺️



それにしても記憶というキーワードを元に

「香り」という題材に着目したのは

とっても面白い!🤓💖

お会いした事はありませんがシェフは凄く

センスがあって頭がいい人なんだろうな。



セイイチロウニシゾノさんは、店舗を持つ前から

イベント出展やケータリングなども

多いお店という印象がありました😃



「体験」も、記憶と大きく関わる事だから

その辺も意識されているのかな?🙂



今回2度目の訪問だったのですが、

初訪問ではこちらでパティシエをされている

小西シェフのデセールを頂いたので

西園シェフのケーキを食べるのは

初めてという不思議な順序になりました😂

でもそれがキッカケになってくれたから

良かったです🥰



物凄い早いペースで新作を出される

お店なので、好きそうな香りを

見逃さないようにしたいです👍